Abyss

日々の思索と妄想と魑魅魍魎。三木清の『人生論ノート』とパスカルの『パンセ』が私の心の拠り所。Peace.

2018-06-07から1日間の記事一覧

趣味は少年のように、仕事は老人のように

趣味と仕事。この二つの線引きは実に難しい。平日は良く働き、休日はよく遊ぶ、というのが一般的な分け方なのだろう。恐らく、正しい、僕にもできる生き方だ。時間の配分をそのようにするにしても、ではその取り組む姿勢についてはどうだろう。或る人は言う…

「なぜ貴方は文学を研究しているんですか?」

「これは文学をやられている方の皆さんに聞いていることですが、なぜ貴方は文学を研究しているんですか?」 これは私が実際に尋ねられた質問だ。大学院入試の面接での一コマである。その時は通り一遍の答え方で、思い付きのことしか言えなかった。「ええと、…

髭が生えるか、生えないか、それが問題だ。

高橋源一郎さんの文学講義を聞いて腑に落ちることがあった。夏目漱石、森鴎外、尾崎紅葉、幸田露伴。彼らに共通する威厳さ、荘厳さ、豪快さを特徴づけているのは、文体ではなく髭である。石川啄木、中村中也、太宰治、芥川龍之介。彼らに共通する神経質さ、…

比喩で考えてみる

最近ハマっている比喩は、自分の身体を機械に例えて考えることだ。車と運転手の関係に例えれば、やる気が足りないという正体のよく分からない事象も、エンジンオイルが交換時期に来ているくらいのもんかと腑に落ちる。食事はガソリンのようなものかと思って…