Abyss

日々の思索と妄想と魑魅魍魎。三木清の『人生論ノート』や小林秀雄の『考えるヒント』みたいな随想録や告白集を書くのが夢。嘗て高校教諭。現在はラップ研究している大学院生。Peace.

誰でも坊さんになれる?

  我欲の元々少ない私は、消費社会と折り合いが付かない。生産欲求も消費欲求も少ない。性的欲求すら最近は目立たないし、レジャー産業にもあまり食指が動かない。学問にも然程関心が無くなってきたし、遂には自分のことすらも関心が薄れてきた。引っくるめて言えば、世俗的な関心が無くなってきているのだ。かといって、全然無いわけでもない。日本の子どもには関心が高いし、いまだに翻訳は最高の読書体験だと思っている。ラーメンと煙草は止められない。omiaiもいまだに続けている。しかし、明日すべて失っても、特に困らないような気もする。

  心の中で出家しているのと、本当に坊さんになったり、キリスト者になるのは、どう違うのか?課程博士のような感じなのだろうか。大学の4年間と追加の5年間の授業料を払えば誰でも学術博士になれるように、届け出を出せば誰でも結婚できるように、パスポートとビザが在れば世界中どこでも海外に渡航することが出来るように、正式な手順を踏めば誰でも聖職者になれるのだろうか。

  調べてみる価値はありそうだ。