Abyss

日々の思索と妄想と魑魅魍魎。Peace.

「やる気スイッチ」よりも「保留ボタン」

 永遠に終わらない課題のように感じる物がある。まず、修士論文だ。今回で三回目の挑戦だが、実際、書けるか書けないかの二択だ。書くためにはまず健康でないといけないが、いつもここで躓く。書こうという気持ちが空回りして、全然論文が頭に入ってこない。おまけに体調をずっと崩していて、気分が安定しない。自分を追い詰める悪い癖が出てしまう。だから、まずは、健康に気遣いながら進めて行きたいと思う。次に、就活である。企業調べも、自己分析(エントリーシートに書くための)もやっていない。やる気が起きない。はっきり言えば、甘えである。この甘えた自分をどうにかしないと、前に進まない。次に、借金の返済。これも、前の二つが終わらない限り、目処がつかない。最後に、結婚。これはもう、結婚したいのかしたくないのかも、分からない。自分の生活基盤すら危ういのに、生涯の伴侶を探そうという気にはならない。

 私に欠けているのは「やる気スイッチ」だと思って来た。そして、そのスイッチは見つからなかった。なぜか。それは自分でも分からない。自分のやる気の出所がよく分からないのだ。現にこうしてブログはせっせと書いているし、バイトにも遅刻もせず取り組むし、ダイエットしようと努力もする。ブログ、バイト、ダイエットにはやる気が勝手に入るのに、論文や就活や結婚には、かなり無理をしたにもかかわらず、スイッチの場所すら見当がつかないとはどうしたわけだろう。

 私は自分のことを真面目だと思う。そして、真面目だからこそ、駄目だとも思う。上手く行かない。空回りばかりだ。真面目で飽きっぽい。これは最悪の組み合わせだ。少し不真面目でも、こつこつ積み重ねられれば、論文でも、就活でも、結婚だって夢ではないのに。

 一度、すべて保留にしよう。何かを追い求めるのは止めよう。なるようにしかならない。ならないこともある。どうにも仕方のないものは、きっぱりと諦めよう。自分の健康や幸福ばかりを追い求めるのは、私の悪い癖だ。物事の両義性を見失っては、元も子もない。結論を下さない、と結論を下そう。統一的な見解など、自己世界内ですら、決定できない。況や、自己の外の世界で発生することをあれこれ言ったり考えても埒が明かない。止めよう止めよう。仕方ない。どうしょうもない。下らん事だ。意味のあることとは、意味があると当人がそう思い込んでいる状態に過ぎん。そうそう。そう思おう。