Abyss

日々の思索と妄想と魑魅魍魎。Peace.

私の集中法、つまり治療法

腹式呼吸を意識する

制限時間を設ける

裸足で地面を掴む 

体幹を意識する

顎を引く

目線をやや下にする

射抜くように観る

心の中で念じて見る

自分を俯瞰しようと試みる

時空を忘れる

誰かに成り切る、演じる、共感する

節度を保ち、礼節を守る

無際限に赦し、無条件に愛そうと努める(或る場面、或る文脈、或る状況に於いてのみ)

 

なんで僕は産まれたのか、私は死んだら何処に行くのかと自らに問いたくて仕方なくなる時がある。あの自問自答の時間にだけ遣って来る純粋な無感動(apathy)と焦燥(fret)によって、日々の思索と労働が妨げらることが殆ど無くなった暁には、私の病は完全に私の管理下に置かれたことになるだろう。

 

生きているとは自殺願望との絶え間ない闘争状態に他ならない。この葛藤、内紛、テロリズムを制した先にあるものは、老衰という名の崇高なる自然死であろうか。または殉死という名誉の死であるか。それを知るには私はあまりにも幼く、それについて疑念を抱くようになったのは余りにも遅過ぎた。